real estate

タワーマンション購入に際して考えるべき事

タワーマンション購入に際して思うこと。


以前は大阪のタワーマンションに憧れていました。湾岸エリアに建つものなどはかなりの遠望が望める上に、建物全体から個々の部屋の間取りを想像してみると、いかにもプライバシーが守られそうな印象があるからです。
しかし3年少し前に大震災が起こって少し考えが変わりました。直後の電力不足によるエレベーターの停止や閉じ込め問題です。5~6階なら階段での移動もまだ考えられますが、それ以上の階となるとこうした時は全く現実的ではありません。遠望の良さも、ある程度の階数以上であることを考えると意外な弱点を発見した思いです。
そうはいってもあのような事態がそう度々起こるわけではないのでこれは少し横へおいて考えられるでしょう。
ところがまた、疑問に思うことが出てきました。建物の大規模修繕の問題です。通常の高さの建物であれば、外壁側を足場で囲って壁の剥離が無いかなどを人の手で叩いて調べていきます。剥離があるとドリルで小さな穴をあけて、凝固剤のようなものを注入しているようです。(現在住んでいる7階建てのマンションは10年に1度、それをやっています)これをタワーマンションでやることは可能なのでしょうか?タワーマンション自体がまだ大規模修繕を必要とされる年数以内の建物が多いためか、そのような問題にどう対処しているのか分かりません。しかし、タワーマンションは建設時にも外壁側に通常足場は見当たりません。中心に組み立て式のクレーンを設置して工事を進めているのではないでしょうか?
この問題に一定の目処が示されるまで、タワーマンションの購入にはやはり二の足を踏まざるをえないかもしれません。

このところ駅近や海が見える湾岸エリアには競ってタワーマンションが建てられています。
しかし、住まいを選ぶ際、華やかさや憧れだけに目を奪われると後々大きな後悔をする羽目になります。
日本では非常に聞こえがいいタワーマンションですが、海外の状況を見てみるとその捉え方はかなり違っています。
イギリスなどは高層階に住むことを制限する決まりがあります。それは「高層階に住み続けることで起こる健康被害」が報告されているからです。
例えば高層階に住む妊婦の流産のリスクはそれ以外の妊婦と比べて非常に高いといわれています。
またタワーマンションなどでは地震が起こるとエレベーターが使用できなくなり、我が家にいながら身動きが取れなくなる「高層難民」の危険もはらんでいます。
そして最近もうひとつの深刻な問題を生まれています。それが建設に携わる職人の不足です。
東日本大震災の頃から言われ始めていたことですが、至るところで建物の設計はしたけれど職人が集まらず建設中止や延期を余儀なくされる案件も多いのです。つまり、職人不足の状態で無理に工事を進めることによって施工不良や欠陥をもったマンション(戸建住宅もれいがいではありません)が今後多く生まれる可能性があるのです。
今年に入り、有名なゼネコンが関わったマンションに相次いで欠陥が見つかったことなども職人不足の深刻さを如実に表しています。



結婚して家を買ったのですが、離婚した時点で当然のごとく一人暮らしとなり、無駄に広いスペースの一角で過ごしていたようです。固定資産税は取られるし、困ったことに、上下水道やらガス、電気などは基本料金というものが存在します。使わなくても支払いは生じます。国保やら年金も一人だからといって減額されるわけもなく、他に一人暮らし向けのアパートを借りたとしても、家の名義は自動的に自分についてくるのです。そして、家の名義が自分であるかぎり、自分の資産になるわけで、仮に親が住むとしても不動産の場合は所有権放棄もできず、職を失っても支払いは延々と続くのです。収入がなくても支払いは色々とあるのです。困ったことに。

この状態で、もし仮に損害賠償請求を起こされたとします。家の名義があるというだけで、現金がなくても家の仮差し押さえというものをされるのです。これも困ったことに現金がないと仮執行処分をされるハメになり、結果的に家を失うわけです。というわけで、無駄に広いスペースが必要なければ、親なり親族なりに、担保付贈与とか定期贈与などという面倒な手を使って自分の名義を登記から消さないといけないという無駄な事態にもなりかねません。気をつけましょう。



コンテンツ

おしゃれな店内

初めての一人暮らしの始め

一人暮らしを始めるタイミングって、人によって色々ですよね。 進学や留学、就職、単身赴任、親からの自立、離別などなど。 一人暮らしを始めたくてする人もいれば、嫌々否応無しの人もいる…

more

渋い家

一人暮らし物件はどこを重視するかによる

私は今、一人暮らしをしています。大学を卒業して就職と同時に一人暮らしを始めたのですが物件探しは本当に大変でした。場所は会社から通うことを考えて会社の最寄駅から電車一本で通えるところがいいなど考え…

more

ビル街

キッチンを居心地の良い空間にする工夫

私は主婦なので、一日のうち一番長く居座るのはキッチンとなります。そのためなるべくキッチンを、居心地の良い空間にしたいものだと常々思っています。ただ料理道具や食器、その他細々としたものが一番多いの…

more

アンティークな部屋

一人暮らしで困ったこと

私は一人暮らしを4年ほどしていました。基本的にのんびり楽しくやっていたその4年間ですがいくつか困ったことがありました。一つ目が新聞の勧誘です。とに…

more

最新記事情報

2017/09/01
静かな住宅街での思い出を追加しました。
2017/09/01
リビングに階段がある理由を追加しました。
2017/09/01
ペット可物件を追加しました。
2017/09/01
一人暮らしに必要なものは臆病になること。を追加しました。
2017/09/01
一人暮らしで困ったことを追加しました。
2017/09/01
キッチンを居心地の良い空間にする工夫を追加しました。
2017/09/01
一人暮らし物件はどこを重視するかによるを追加しました。
2017/09/01
初めての一人暮らしの始めを追加しました。